flycheckの設定(RとRuby)

Emacsで文法チェックをするために flycheckおよび関連パッケージを導入したので、その時のメモです。

flycheckを使用するためのEmacsの設定

パッケージのインストール

  • flycheck
  • flycheck-pos-tip
    • エラー内容をその場にツールチップで表示するためのパッケージ
  • helm-flycheck
    • helmインターフェースからエラーを選択するためのパッケージ

init.elの設定

(require 'flycheck)
(require 'flycheck-pos-tip)

(eval-after-load 'flycheck
  '(custom-set-variables
   '(flycheck-display-errors-function #'flycheck-pos-tip-error-messages)))

(add-hook 'R-mode-hook 'flycheck-mode)
(add-hook 'ruby-mode-hook 'flycheck-mode)


(require 'helm-flycheck) ;; Not necessary if using ELPA package
(eval-after-load 'flycheck
  '(define-key flycheck-mode-map (kbd "C-+") 'helm-flycheck))

ここではRとRubyでflycheckを行うように設定しています。

helm-flycheckで修正候補を選択するためのキーに C-+ を割り当てています。

Rの設定

R-modeでycheckを使用するためには、 Rのlintrパッケージが必要なのでインストールしておきます。

install.package("lintr")