CORESERVERにEmacsをインストールする

経緯

CORESERVERにSSH接続してファイルの編集を行うことがあります。その時にサーバに用意されているエディタがvimでした。

vimに慣れる目的で少しだけ使用しましたが、コピー&ペーストのやり方も知らないためすぐに断念しました。

そこでいつも使用しているEmacs(最新版は24.5)をサーバにインストールしました。

Emacsのインストール

ソースコードのダウンロードおよびサーバへのアップロード

(省略)

インストール操作

tar xzf emacs-24.5.tar.gz
cd emacs-24.5/
./configure --prefix=$HOME/local --without-gnutls
make
make install

でインストールできました。

また、

--without-gnutls

のオプションですが、これをつけないとビルド時にエラーが出ました。

ターミナル上では画像を使用しないため、不必要なオプションをオフにした方がいいのでしょうが、今回はそこまでは行いませんでした。

とりあえずこれでサーバ上でのファイルの編集が楽になりそうです。その前にある程度、Emacsの設定もしなければなりませんが。

追記

2015.11.13

コンパイル時のオプションを追加しました。

./configure --prefix=$HOME/local --without-sound \
            --without-xml2 --without-gpm --without-xpm \
            --without-jpeg --without-tiff --without-png \
            --without-gif --without-imagemagick \
            --without-gnutls \
            --without-x
--without-xml2

がないとEmacsの起動時に警告が出ます。