LibreOfficeでNoto Sans/Noto Serifフォントを使用する (Windows, Linux)

経緯

最近、LaTeX (LuaLaTeX) で資料を作成する際のフォントとして「源ノ角ゴシックおよび源ノ明朝」を使用するようになりました。かなり綺麗なフォントであると感じたので、 LibreOfficeでも使用したいと思いました。

OSはLinuxとWindowsを併用しているため、どちらのLibreOfficeでも同じように表示されるかどうかを試してみたところ、「源ノ角ゴシックおよび源ノ明朝」では上手くいきませんでした。

試行錯誤した結果、「Noto SansおよびNoto Serif」を使用したところ成功したので、その結果をメモとして残しておきます。

手順

ダウンロードするファイル

このページ の下の方にある “Region-specific Subset OpenType/CFF (Subset OTF)” からダウンロードしました。

  • Noto Sansフォント
    • NotoSansJP-[weight].otf (NotoSansfJP.zip)
    • ファイルの内容
      • NotoSansJP-Thin.otf
      • NotoSansJP-Light.otf
      • NotoSansJP-DemiLight.otf
      • NotoSansJP-Regular.otf(必須)
      • NotoSansJP-Medium.otf
      • NotoSansJP-Bold.otf(必須)
      • NotoSansJP-Black.otf
  • Noto Serifフォント
    • NotoSerifJP-[weight].otf (NotoSerifJP.zip)
    • ファイルの内容
      • NotoSerifJP-ExtraLight.otf
      • NotoSerifJP-Light.otf
      • NotoSerifJP-Medium.otf
      • NotoSerifJP-Regular.otf(必須)
      • NotoSerifJP-SemiBold.otf
      • NotoSerifJP-Bold.otf(必須)
      • NotoSerifJP-Black.otf

フォントのインストール

ダウンロードしたNotoSansJP.zipおよびNotoSerifJP.zipファイルを解凍すると NotoSansJPおよびNotoSerifJPフォルダが作成されます。

Windowsの場合

解凍してできたファイルを右クリックするとメニューが現れるため、そこから「フォントのインストール」を選択します。

Linuxの場合

/usr/local/share/fonts/opentype/google/ 以下にフォントを配置しました。

LibreOfficeでのフォント選択

フォントの選択は以下の通りに行います。

申し訳ありませんが画像は省略します。

Noto Sans JP

ゴシック体にする場合には少し面倒です。

  • 通常の文字:”Noto Sans JP Regular”を選択
  • ボールド体:”Noto Sans JP Bold”を選択
    • “Noto Sans JP Regular”を選択後に太字(Ctrl+B)にしても “Noto Sans JP Bold”にはなりません。

Noto Serif JP

明朝体の場合は簡単(通常通り)です。

  • 通常の文字:”Noto Serif JP”を選択
  • ボールド体:”Noto Serif JP”を選択後に太字(Ctrl+B)

源ノ角ゴシックおよび源ノ明朝の場合(失敗)

源ノ角ゴシック

源ノ角ゴシックの場合には7ウェイトとも WindowsおよびLinuxの両方で問題なく使用する事ができました。

源ノ明朝

源ノ明朝をWindowsおよびLinuxの両方で使用しようとすると以下のようにフォント名が異なるため上手くいきませんでした。

また、LibreOfficeのフォント置換テーブルではフォントを別なものに置換することはできても、太字(ボールド体)に変換することはできませんでした(この理由によって源ノ明朝の使用を断念)。

他の5ウェイト (ExtraLight, Light, Medium, SemiBold, Black) を使用した場合には問題なく使用することができました。

Linuxの場合

このページ の内容を参考にさせて頂きました。

  • 通常の文字:”Source Han Serif JP”を選択
  • ボールド体:”源ノ明朝 JP”を選択

Windowsの場合

  • 通常の文字:”源ノ明朝 JP”を選択
  • ボールド体:”源ノ明朝 JP”を選択後に太字(Ctrl+B)

1件のコメント

  1. (追加)
    Noto Sans/Serif CJKフォントを使用した場合にはWindows/Linuxで互換性はありますが、PDFファイルを作成した時に明朝体(Noto Serif CJK)の部分が文字化けするか、空白になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です